M&Aアドバイザーが『バトンズ』を活用するメリット

事業の売却、会社の売却を検討するにあたり、インターネットのプラットフォームを活用する企業が増えてきております。国内最大手のプラットフォームである『バトンズ』を1年間以上活用する当社が、当該サービスを活用することで得たメリットにはどの様なものがあるのでしょうか?

当記事では、M&Aアドバイザリー会社が、インターネットプラットフォーム『バトンズ』を活用することで得られるメリットについて、経験談を交えながらご紹介していきたいと思います。

〜目次〜

1.メリット①新規の買い手候補と繋がることが出来た

2.メリット②FA(ファイナンシャルアドバイザー)の方とつながることが出来た

3.まとめ

 


 

1.メリット①新規の買い手候補様とつながることが出来た

『バトンズ』だけに限らず、売り案件をM&Aプラットフォームで掲載すると思いがけない出会いをすることがあります。

例えば、あなたがラーメン屋さんの売り案件を担当しているアドバイザーだとしましょう。通常の流れであれば、同業のラーメン店に提案するのではないでしょうか?ところが、『バトンズ』上で広く募集をかけると、広告業者さんだったり人材派遣会社だったりECサイト運営者だったりから、思いがけず立候補が来るのです。

なぜ?と思うかもしれませんが、

・広告業者は、自社の持つ広告スキルを活かして、さらに売上を増やせそう
・人材派遣会社は、自社の持つ人材を活かして、さらなる店舗拡大を進められそう
・ECサイト運営者は、自社の持つECサイトを活かして、インスタントラーメンのEC売上を増やせそう

などといったシナジー効果を期待しているのです。

上記の様に、常識に捉われて案件を進めようとすると出会えない様な想定外の買い手候補様と出会えることが『バトンズ』を活用するメリットの一つです。さらにはそれらの出会いが、当該案件以降に別の案件を提案する幅の拡大にも寄与することになるのです。

 

 

2.メリット②FA(ファイナンシャルアドバイザー)の方とつながることが出来た

『バトンズ』に売り案件を掲載することのメリット、二つ目はこちらです。FA業務を拡大するにあたり、非常に効果的な活用方法です。

それは何かと申しますと、普段接点を持つことが出来ないFAの方との関係性を構築できることです。インターネットを介さずに案件を進めていると、直接買い手候補様の元へ案件を提案する機会がほとんどとなり、間に買い手側の専門家の方(FA)が入る機会は少ないです。

しかし、『バトンズ』を介して案件を進めていると、買い手候補様の顧問先であるFAの方が案件を精査しているケースが多いため、それらの方と交渉を進めることが増えてきます。買い手候補様と直接つながりを持って案件を進めることよりも、売り手FA・買い手FA分かれて案件を進めて行く方がスムーズに案件が進むため、優秀なFAの方と接点を持つことは非常に有益です。

 

 

3.まとめ

いかがでしょうか?

売り案件をネット上のプラットフォームに公開することで、得られるメリットが多いことご理解頂けましたでしょうか?優良な売り案件であればあるほど、それぞれの方との接点は増えることでしょう。

騙されたと思って一度案件を掲載してみてはいかがでしょうか?
特に茨城県の専門家の方には、とてもお得な優遇制度が設けられています。コチラの記事を参考にしてみてください。

90D45D22-89DB-4B4C-812A-87F7655AB4B5

 

この他にもLifeHackブログではM&Aアドバイザリー業務についてまとめています。こちらも合わせてお読み下さい。 


 

※弊社は、M&AのマッチングプラットフォームであるBATONZ(バトンズ)において、アドバイザー登録をしております。BATONZ案件で興味のある案件がございましたら、ぜひお問い合わせください。アドバイザーとして登録を検討している方も、ご検討してみてはいかがでしょうか?

バトンズの無料会員登録はコチラ(会員登録して頂けると案件の詳細が確認できます)

スクリーンショット 2021-08-11 9.29.01

              バトンズ無料登録

 

その他、M&A業務協業のご相談、案件の問い合わせ、セカンドオピニオンのご相談、M&A事業部立ち上げ希望のご相談は、下記フォームからお問い合わせください。