5万人の買い手候補に、一瞬でM&A案件を提案する方法

 昨今、YouTubeの宣伝効果は目を見張るものがあります。有名YouTuberが商品やお店を紹介することで、大きな反響を生むことが可能なのです。
 
M&Aの案件発掘においてもその波が来ています。当記事では、いかにしてYouTubeを活用してM&Aの交渉に活かしていくのか、ご紹介していきたいと思います。

〜目次〜

1.YouTubeの宣伝効果とM&A

2.「M&A BANK」とは?

3.M&A BANKの実施したFA募集企画

4.M&A BANKを活用する方法

 


 

1.YouTubeの宣伝効果とM&A

最近、YouTubeの宣伝効果が増してきております。人気YouTuberの方が商品やお店を紹介しようものなら、瞬く間に人気・行列が出来てしまう時代です。

その波はM&A業界にもおりて来ており、M&A各社がYouTubeチャンネルを設け、M&Aのイロハや売買経験者の声をお届けする、そんな情報発信が増えて来ています。

そんな中でも、弊社がおすすめするM&Aに関するYouTubeチャンネルがこちらです。

スクリーンショット 2021-12-11 13.48.16

 

 

 

2.「M&A BANK」とは?

M&A BANKはM&A(企業の合併・買収)に関する様々な情報を発信している情報サイトです。

M&Aには数多くの手法があり、選択を間違えると大きな損失を招いてしまうことがあります。一方で、正しい選択ができれば、多大な利益をもたらすことができるでしょう。つまり、それぞれの手法のメリットとデメリットを理解することとが、M&A成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

M&A BANKでは、そんな成功の鍵となる基礎知識から過去の成功・失敗事例、海外M&Aの最新情報などが提供されております。今、M&Aについて知りたい方、これからM&Aを検討している方は、ぜひM&A BANKサイトをご参考にしてみてください。

 

スクリーンショット 2021-12-11 13.23.55

 

 

 

3.M&A BANKの実施したFA募集企画

そんなM&A BANKですが、YouTubeチャンネルもチャンネルも開設しており、番組内のとある企画で、FA(ファイナンシャルアドバイザー)の募集を行っていました。

 

 

 

有名な大手M&Aアドバイザリー会社、個人でやっている様なM&Aブティック会社、M&Aに関する会社は様々ありますが、なんだかんだ重要なのはアドバイザーが優秀か否か、ここに尽きるという視点の様です。

せっかくでしたので、弊社も応募してみたのですが、、、なんと、

 

 

合格しました!!!

 

 

4.M&A BANKを活用する方法

こちらM&A BANKのYouTubeチャンネルですが、チャンネル登録者数が4.87万人おります。しかも、M&Aに興味のある、M&Aの経験のある、将来売り手か買い手になる可能性の高い4.87万人です。

この4.87万人に対して、売り案件、買い案件を提案できる環境の有益さが伝わりますでしょうか?

これまで買い手を探して来たけど見つからなかった方、売り案件を探したけど見つけられなかった方、弊社までご相談頂ければ、上記YouTubeチャンネル内にて募集を実施し、買い手(売り手)候補の方を見つけることができるかもしれません。この機会にぜひご相談頂ければと思います。

 

この他にもLifeHackブログではM&Aアドバイザリー業務についてまとめています。こちらも合わせてお読み下さい。 


 

※弊社は、M&AのマッチングプラットフォームであるBATONZ(バトンズ)においても、アドバイザー登録をしております。BATONZ案件で興味のある案件がございましたら、ぜひお問い合わせください。

バトンズの無料会員登録はコチラ(会員登録して頂けると案件の詳細が確認できます)

スクリーンショット 2021-08-11 9.29.01

              バトンズ無料登録

 

その他、M&A業務協業のご相談、案件の問い合わせ、セカンドオピニオンのご相談、M&A事業部立ち上げ希望のご相談は、下記フォームからお問い合わせください。