Posts by lifehack:

1週間のM&Aブログまとめ(2021年10月4日〜2021年10月9日)

1週間のM&Aブログまとめ(2021年10月4日〜2021年10月9日)
2021年10月4日から2021年10月9日に書いたブログの一覧です。
地方銀行担当者のM&Aレベルについて、新人アドバイザーとベテランアドバイザーの違い、当社のクライアントが求めている売り案件について、などを紹介しています。

事業継承したい事業をご紹介(旅館、飲食店、美容室、介護事業所、など)

事業継承したい事業をご紹介(旅館、飲食店、美容室、介護事業所、など)
当社のクライアント様より寄せられている、「こんな企業があったら買収したいので紹介してほしい」 そんな最新需要をご紹介したいと思います。
 
「まさにうちの会社じゃん!!引退(撤退)を考えていたから話を聞いてみよう」
 
そんな検討をしているオーナー様がおりましたら是非、お声がけ下さい。

新人M&Aアドバイザーとベテランアドバイザーの違いは?勝機は◯◯にあり!!

新人M&Aアドバイザーとベテランアドバイザーの違いは?勝機は◯◯にあり!!

M&A一筋20年!!案件実績100件以上!!そんなベテランアドバイザーもいれば、昨今のM&A隆盛の波に乗るべく最近からM&A事業を開始した、そんなアドバイザーの方もいるかと思います。

ベテランアドバイザーと新人アドバイザーの違いはどんなところにあるのでしょうか?新人アドバイザーに勝機はあるのでしょうか?当記事では、新人M&AアドバイザーがM&A事業で成功するための作戦を考察してみました。

飲食店などが加盟しているフランチャイズ事業をM&Aで事業承継する際の注意点

飲食店などが加盟しているフランチャイズ事業をM&Aで事業承継する際の注意点
介護事業や飲食店などには、フランチャイズに加盟して運営している事業所・店舗があると思います。通常の個人経営店を引き継ぐ場合と、フランチャイズ加盟店をM&Aで取得する場合とでは、注意する事項が異なります。
 
当記事では、フランチャイズに加盟している事業をM&Aで継承する場合に注意すべきことを紹介していきます。
 

あなたの会社の顧問◯◯士は大丈夫!?M&Aによる事業拡大を拒む意外な相手とは?

あなたの会社の顧問◯◯士は大丈夫!?M&Aによる事業拡大を拒む意外な相手とは?
法人形態であれ個人事業主形態であれ、事業を運営していると顧問◯◯士さんを抱えている方は多いと思います(税理士、弁護士、社労士、など)。
 
そんな顧問の先生方ですが、貴社がM&Aによる事業拡大を検討している際の相談相手としては適しているのでしょうか?当記事では士業の先生方の本音を交え、M&Aの相談をするのに適しているのか否か、検討していきたいと思います。

地方銀行にM&A支援をお願いする際に気をつけること

地方銀行にM&A支援をお願いする際に気をつけること
 M&Aの普及が進むにつれて、「街のM&A」(譲渡対価が数百万円〜3,000万円規模の小規模な案件)の件数も増えてきています。弊社が拠点を置く茨城県においても、相談の件数が徐々に増えてきています。
 
その様な地方でのM&A案件の場合、支援専門家として存在感を示してくるのは地方銀行の存在です。当記事では、地方銀行におけるM&A支援の注力具合、地銀職員さんのM&A知識レベル、銀行さんとのM&A支援の付き合い方、などをご紹介していきたいと思います。

売り手と買い手の思惑の違いを理解して、M&A交渉を進めるべし

売り手と買い手の思惑の違いを理解して、M&A交渉を進めるべし
M&Aの手続きには売り手と買い手が登場します。それ故、売り手・買い手、それぞれの希望や条件が合致しなければ成約に至ることはありません。
 
ところが、買い手による売り手の気持ちを考えない言動や行動から、交渉がスムーズに進まないケースが多々ございます。当記事では、そのような事例をご紹介していきたいと思います。 

事業承継後の統合手続き。地元の専門家が実施できるとベストな理由

事業承継後の統合手続き。地元の専門家が実施できるとベストな理由
M&Aの交渉手続きに「PMI」と呼ばれるものがあります。 Post Merger Integrationの略で、統合手続きのことを指すのですが、誰が中心となって実施するのがベストなのでしょうか?当記事では、今後のPMI手続きについて、地方のM&Aにおいて求められる支援について、ご紹介したいと思います。

動き出したM&A支援機関登録制度。自称専門家に注意せよ!!

動き出したM&A支援機関登録制度。自称専門家に注意せよ!!
中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤を構築するため、M&A支援機関に係る登録制度が創設されました。2021年8月24日より登録申請の受付が開始され、2021年9月21日に申請が締め切られたのですが、事務局にて登録要件の確認ができた専門家について公表がなされました。
 
当記事では、この制度に関して感じたこと、気をつけるべきことを紹介していきたいと思います。