M&Aの案件は現場に落ちている!自分の足で売り案件を見つける方法

M&Aの案件は現場に落ちている!自分の足で売り案件を見つける方法
M&Aで事業を買収しようと考えた際、 皆様はどんな方法で探すでしょうか?
 
・バトンズなどのM&Aマッチングサービスに登録する
・弊社のようなM&Aアドバイザリー会社に相談する
 
などが一般的かと思います。
当記事では皆様が自分の足で現場に出向き、買収候補先を見つける方法をご紹介していきたいと思います。

交渉に必要な資料がうまく回収できないときの対処法

交渉に必要な資料がうまく回収できないときの対処法
 M&Aの交渉を進める場合、アドバイザーとしてやり取りをする相手は買い手、あるいは売り手、それぞれのオーナーである事が多いと思います。そんなオーナーとの資料のやり取りはスムーズに進むものでしょうか?
 
そんなオーナーとのやり取りで気をつけなければならない事項についてまとめてみました。

M&Aの勉強ができるYouTubeチャンネルの紹介

M&Aの勉強ができるYouTubeチャンネルの紹介
 M&Aが市民権を得るようになってきて、最近ではM&Aに関してのYouTubeチャンネルもだいぶ増えてきました。これまでは経験することでしか学ぶことができなかったM&Aのノウハウとスキルが、YouTubeで簡単に学ぶことができるようになったのです。
 
当記事では、私自身も参考にさせて頂いている勉強になるYouTubeチャンネルをご紹介したいと思います。

これからのM&Aアドバイザーに求められる新しいスキル

これからのM&Aアドバイザーに求められる新しいスキル
 2018年10月からM&A業務を始め、約3年。自社直案件、協業先との協業案件、全て含めると100件超の案件に関与し、11件ほどの案件成約を実現してまいりました。
 
そんな経験の中で感じた、これからのM&Aアドバイザーに必要なスキルを紹介していきたいと思います。

相場よりも高く会社を譲渡出来るケース

相場よりも高く会社を譲渡出来るケース
M&Aの交渉を進める際、いくらで売却するのか?が焦点となります。
この金額には業種や規模に応じて相場がありますが、相場以上の金額で成約に至るケースもあります。
 
そんなケースとはどんなケースなのか、弊社のクライアントの需要を例に、ご紹介していきたいと思います。

これからの時代の不動産提案はコレだ!!不動産営業マンが覚えておくべきM&Aの可能性

これからの時代の不動産提案はコレだ!!不動産営業マンが覚えておくべきM&Aの可能性
最近、不動産会社の営業マンの方からM&Aの案件をご紹介頂く事例が増えてきました。単純な居抜きでの譲渡と不動産会社の取り分が変わらない場合、プラスアルファでの収益の可能性があるM&Aを活用したテナント活用を検討してみることをお勧めしています。
 
当記事では、その理由を紹介していきたいと思います。

異業種間のM&Aを実施した際に起きがちなギャップ(飲食店編)

異業種間のM&Aを実施した際に起きがちなギャップ(飲食店編)
 インターネット上でのマッチングが増えたことで、思いがけない異業種間のM&A事例が増えてきています。それに伴い、企業文化の違いや現場と管理サイドとの意見の相違から生じるギャップ、これらも多数発生してきています。
 
当記事では、飲食業に進出した他業種の新オーナーとの間に生じがちなギャップの代表例を紹介したいと思います。

M&Aの交渉と補助金の申請は、タイミングに注意が必要

M&Aの交渉と補助金の申請は、タイミングに注意が必要
事業承継やM&Aを契機とした新しい挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者を後押しするための補助金、「事業承継・引継ぎ補助金」の令和3年度当初予算が発表されました。
 
当記事では概要の説明は簡単にとどめ、 M&Aの交渉と補助金の相性の悪さについて紹介していきたいと思います。