M&Aの交渉と補助金の申請は、タイミングに注意が必要

M&Aの交渉と補助金の申請は、タイミングに注意が必要
事業承継やM&Aを契機とした新しい挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者を後押しするための補助金、「事業承継・引継ぎ補助金」の令和3年度当初予算が発表されました。
 
当記事では概要の説明は簡単にとどめ、 M&Aの交渉と補助金の相性の悪さについて紹介していきたいと思います。

こんな人に注意。大切な秘密情報を守るためにすべきこと

こんな人に注意。大切な秘密情報を守るためにすべきこと
 M&A交渉を進めていく上で、秘密情報の保持は非常に重要な項目の一つです。秘密を守れるかどうかで、交渉がスムーズに進むかどうかが大きく関わっています。さらには、情報漏洩によって交渉が破断になるだけでなく、損失が発生してしまうケースさえあります。
 
当記事では、秘密情報をいかに守るか、そんな方法を紹介していきたいと思います。

介護関連事業を継承する場合に気をつけるべき1つのこと

介護関連事業を継承する場合に気をつけるべき1つのこと
介護関連の事業を引き継ぐ場合、必ずといって良いほどチェックした方が良い事項があります。
当記事では放課後等デイサービスを引き継ぐ事例などを交えながら、広く介護関連の事業をM&Aで継承する場合に事前にチェックした方が良い事項を確認していきたいと思います。

 

繁盛店なのになぜ!?利益が出ているオーナーが店舗を売却する理由

繁盛店なのになぜ!?利益が出ているオーナーが店舗を売却する理由
「会社や事業を売却する」と聞くと、赤字だからやめるんだろう、そう思う方が多いのではないでしょうか?ところが実際は、全てがそうとは限りません。一見、繁盛していて利益がたくさん出ているにも関わらず、会社を手放してしまうオーナーも少なくありません。
 
当記事では、オーナーが会社を売る意外な理由をいくつか紹介していきたいと思います。

M&Aの手続きはどんなスケジュール感で進んでいくのか?

M&Aの手続きはどんなスケジュール感で進んでいくのか?

売主も買主も、出来るだけ早期に契約に至りたいと考えるM&A取引ですが、実際に進めて行く場合、どれくらいの期間を要するものなのでしょうか?

当記事では、成約までの行程と必要な手続き、手続きに要する期間などの目安を具体的に紹介していきたいと思います。

初めてのM&A。経験値の差によるギャップと、アドバイザーの役割

初めてのM&A。経験値の差によるギャップと、アドバイザーの役割

M&Aの交渉」

この経験はなかなか経験することのできないものかと思います。それ故、スムーズに交渉が進むかどうかは、売り手・買い手のM&A経験の有無に左右されるところが大きくなっています。

では実際の現場ではどんなケースが多く、どんな問題が起きているのでしょうか?当記事で詳しく見ていきましょう。 

飲食店の「M&A案件」を紹介してくれる意外な相手

飲食店の「M&A案件」を紹介してくれる意外な相手
M&Aが実現するために必要なこと、それは 「案件化」です。

事業を辞めたい、後継者がいない、そんな企業を見つけだし、譲渡する決断をしてもらう必要があります。では、一体どうしたら事業を手放したい人に巡り会えるのでしょうか?一番確度の高い方法は紹介してもらう方法だと思います。

これまでの経験から、どんな方からどんな経緯で紹介をして頂けたのか?意外な方からの紹介事例をご紹介していきたいと思います。